FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉田真由子の探偵日記「魔女の狩人殺人事件」8

明日はひな祭りですね。
そろそろなんか探偵日記のイギリス版の時期に近づいてきたような気もしないではないですが、今月中には終わらせたいなぁ……。
では、どうぞ。

杉田真由子の探偵日記
「魔女の狩人殺人事件」

外を見るといつの間にか雪は止んでいました。
私は自分が受けた仕打ちを思い返して、少しぐらい仕返しをしたいと思い立ち、どうしたらよいかを考えました。
「何をそんなに考え込んでいるのですか?」
その人はゆったりと肘掛け椅子に座ったままでそう問いかけます。
私は少しだけこの事を話そうかと思い立って、やはりやめました。
先ほど知り合った人にこんなことを話すわけにはいきません。
それに、例え見知った者であってもこの事は私の心の中にしまっておくのがよいと思ったのです。
「いいえ、たいしたことではないのです」
そう答えると、その人は僅かに悲しそうに微笑みました。
「あなたは嘘をついていらっしゃる」
「嘘?」
問い返すと、相手はこくんと頷きます。
私が捨てられた人形なりに仕返しをしたいと思っていたことはたいしたことでない筈がありませんでした。
けれど、私にはそれ以上に目の前にいる人物がどうしてそれを知ってしまったのかが不思議でなりませんでした。
出会って間もない人物なのです、私の癖など分かろう筈もありません。
「ええ。あなたの考えていたことは全くたいしたことなどではありませんよ」
けれど、私は話すわけにはいきません。
心まで冷えてしまった人形でも、この事を話すわけにはいかなかったのです。
私が彼らを許すわけにはいかないように、出来ることと出来ないことがあったのです。
だから私はにこりと微笑んでいいました。
「いえ、本当にたいしたことではないのです……ええ、明日の天気はどうかとか、それだけのことなのです」
その人は驚いたような表情をつくった後、小首をかしげました。
「話したくないことなのですね……もしよろしければ伺おうと思っていましたが……」
私はそのままの表情で首を横に振ります。
「いいえ、これは自分で抱えなければならないことですから」
すると、その人はそう、とまた悲しそうに笑って言いました。
「何かお役に立てることがありましたら、この階の突き当たりに書庫がありますからどうぞご利用ください」

その人はお力になれることならば協力は惜しみませんと言いました。
私は本当に嬉しかったのです。こんな言葉を掛けられたのは何時ぶりでしょう。
そのころの私の周りと言ったら、冬にやってくる雪の妖精ですらも真っ青になって逃げ出してしまうぐらいに冷たくて、口を開くことさえおっくうな日々が続いていたのです。出かけても楽しそうな歓談を耳にする度に、いかに自分が惨めな境遇にいるかが思い知らされたのです。ですから、私にそんなに温かい言葉を掛けてくれたことが神からの恵みに思えました。
私はその人に最大限の感謝をしつつ、書庫へ入りました。
捨てられた人形になった時から、私の手の内には凍えた心を温める方法があったのです。けれど、私にはそれを実行することは出来ませんでした。勇気がなかっただけなのです。そんなことをしてしまったら、私の矜持が崩れてしまいます。
されど、それは取り返しの付かないことになるという堤防を築くことで、そう言い訳することで、私は自分の気持ちから目を背けていたのかもしれません。
恐る恐る扉を開けて入った書庫は綺麗に掃除されてはいましたが、本から薫る埃っぽい匂いは消しきれてはいませんでした。どこの図書館でもそれは同じ事なので気にはなりませんでした。それよりも、私を出迎えた本の量が膨大なことに驚きを禁じ得ませんでした。
この屋敷の主は何を仕事にしているのだろう。
何故こんなに本が沢山あるのだろう。
そればかり考えながら私は書庫を歩き回りました。

神様、あなたにもし情けがあるならば。
あなたが本当に私を哀れだと思ってくださるならば。
今一度愚かな私の懺悔をお聞きくださいませ。
どうして魂の吹き込まれた人形をお捨てになったのでしょう。
人形は自分では動けないのです。
誰かにゴミ箱に放り込んで貰わなければ死ぬことは出来ないのです。
人は皆神の創りたもうた人形ではありませんか。
私の心を生かしたまま、何故お見捨てになったのですか……?
スポンサーサイト

テーマ : 連載小説 - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

紅崎姫都香

Author:紅崎姫都香
誕生日:4月28日
血液型:A
趣味:小説書き、イラスト描き、楽器演奏
年齢:23。
好きな物(漫画と小説):いろいろ。ツイッターと二次創作ブログでいろいろ書いてるのが好きです。
カップリングもいろいろです。二次創作してるのが主な萌え。
色々なネタで呟きます→@kurekito

最近の記事
これ以外にも、NOVEL INDEXを随時更新中です。
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
二次創作は「その他創作」からどうぞ。
FC2カウンター
FC2カウンターおんらいん
現在の閲覧者数:
無料カウンター
ブログランキング
FC2 Blog Ranking にほんブログ村にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説にほんブログ村 ホラー・怪奇小説 長編小説 air-rank
サーチ様
検索エンジン Mono Search
ブログ開始から何日経った?
ブログ内検索
リンク
相互リンクサイト様、素材サイト様、管理人別サイトの紹介です。
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。